2019年4月23日火曜日

足で打つバレーボール?セパタクロー

こんばんは、こうちゃんです。

今回見つけてご紹介するのは、
なんと、9世紀の昔から東南アジアの各国各地で伝えられてきた伝統スポーツである、
足を使ったバレーボールのような種目である、セパタクローのご紹介です。
なかなか情報が少ないのですが、まずはwikipediaより、解説の参照、
セパタクロー(sepak takraw)は、東南アジア各地で9世紀ごろから行われている球技を元にした近代スポーツ。セパ(sepak)はマレー語で「蹴る」、タクロー(takraw)はタイ語で「籐製のボール」を意味する。籐球(とうきゅう)ともいう。1965年にアジアセパタクロー連盟が設立されて統一ルールを制定。
ボールを手ではなく足(キック)や頭(ヘディング)で扱う点ではサッカーや蹴鞠を連想させるが、テニスやバレーボールなどと同様、境界にネットを置いたコートを使用することから「足のバレーボール」とも呼ばれる。
ボールは、プラスティック製(以前は籐製、そのため「籐球」の名で呼ばれている)の籠状。サイズは、男子用は重さ170-180g、直径13.5cm。女子用は重さ150-160g、直径14.0cm。
基本的には、2人か3人で組んで、ネットを境に球を打ち合う、
バレーボール的種目です。
ルールも似ていますが、相違点としては、手でのタッチ禁止と、一人が3回までボールにタッチしてもよい点です。
そのルール内で互いにコートにボールを打ち合い、相手のコートにボールを沈めたら、ないし、コートからアウトしたらポイントで、主に1セット21点マッチで、セット数で勝敗を競います。
セパタクローはオリンピック競技にはなっておりませんが、
東南アジア地域では盛んなスポーツのひとつで、
アジア大会もありますし、日本でも協会が発足、あまりメジャーにはなっていませんが、
学校での部活等で、競技チームもあります。
さすが足を使うだけあって、
スピーディー、かつアクロバティックなプレイが多々存在します。



こうちゃん

2019年4月18日木曜日

パルクール団体や動画など

こんばんは、こうちゃんです。

先日の記事にてご紹介しましたレアスポーツのパルクールですが、
徐々にではありますが、日本でも団体や練習場が増えてきておりまして、
習いたい人、これから始めてみたい人に門戸が開かれつつあります。

今回は、そうしたパルクール初心者向けに、大事な情報の数々や、
練習動画などをご紹介。

国内、都心の管理団体

日本パルクール協会
東京都パルクール協会 まだあまり情報は出ていませんが

練習場・サークル

パルクールパーク|MISSION PARKOUR PARK TOKYO
Tokyo PK Workshop

パルクール動画




どれも目を疑うようなスゴ技の数々です。

こうちゃん

2019年4月4日木曜日

都市部を駆け巡るパルクール

こんばんは、こうちゃんです。

今回はスポーツ、というか、新しい趣味というか、
都市部を駆け巡る新種目な、パルクールのご紹介です。

パルクール(仏: parkour、略:PK)は移動動作を用いて、人が持つ本来の身体能力を引き出し追求する方法。

パルクールとは、フランスの軍事訓練から発展して生まれた、走る・跳ぶ・登るといった移動所作に重点を置く、スポーツもしくは動作鍛錬である。障害物があるコースを自分の身体能力だけで滑らかに素早く通り抜けるため、走る・跳ぶ・登るの基本に加えて、壁や地形を活かして飛び移る・飛び降りる・回転して受け身をとるといったダイナミックな動作も繰り返し行われる。

実践者の多くは、パルクールを通じて身体の機能性と現時点の限界を理解し、その上で鍛錬を通じて今の限界を超えうる方法を模索する。
結果、「パルクール実践者はどのような環境でも自由に、かつ機能的に動くことのできる心身を得ることができる」と、日本のパルクールシーンでは主張されている。
また、パルクールが包括するフィールドは非常に幅広く、運動分野のほかパフォーマンス、アート、ライフスタイルや哲学など多岐にわたる、と解説されている。
「フリーランニング」や l'art du deplacement(原語)という別名があるが、パルクールと同じ概念である。

日本でも近年行われるようになってきて、時折、屋内に障害コースを持つパルクールレッスン場なども登場しています。
趣味でやるような場合ですと、よく、広くて障害物の多い公園の中などで、高低差を使いながらアクションをして走り回るサークルなどができています。

屋外での実践の場合、もちろん若干危険は伴いますが、たいていの練習場、サークル、チームなどはきちんとした指導者がついて、まずは身体能力の向上を目指したトレーニングなどからはじめ、
ジャンプやトリックを使った移動などは少しずつ進めていきます。
そして、上達とともに激しい技などを身に着け、時に動画等で紹介されるような、
フリーランニングなどと呼ばれる、街中を壁や屋根も構わず走り回り、高低差のある移動を宙返りで移動していたりするアクロバティックなスポーツとなったりしています。

なかなか自身で始めるにはハードルの高いスポーツかもしれませんが、きちんと初心者用の教室なども開催されておりますので、興味がありましたら少しずつ情報に触れてみてもおもしろいかと思います。

こうちゃん




2019年3月26日火曜日

素敵なおもしろトランポリン技

こんばんは、こうちゃんです。

以前おもしろスポーツとして紹介しましたトランポリンですが、
最近ではテレビ等でもよく紹介されるようになり、
かつてはマイナースポーツでしたが、徐々にメジャースポーツの仲間入りしつつあります。

そんなトランポリンですので、最近では紹介サイトや、練習場も増えてきまして、
トランポリン技解説 子供も楽しめダイエットにもなるトランポリン教室や技の解説
こんなとこでも数々のおもしろトランポリン技の解説
素敵な技や、
気軽に行けるいい練習場の情報なども満載ですので、ぜひご覧になってみてください。

最近ではトランポリンが認知されてきたおかげで、
楽しいトランポリン動画も増えてきましたし、
ご興味持たれたらネットで探してみると結構あります。




こうちゃん

2019年3月6日水曜日

楽しいスラックライン動画

こんばんは、燃えPaPaです。

以前にこのブログでもとりあげました、
細いテープのような綱の上でトリッキーな動きを楽しむスラックライン、
今では数々のトリックをこなす猛者たちが増え、
日々すご技に情熱を燃やしています。

そんなすご技動画をいくつかご紹介。


普通は1本のロープ上で技をこなしますが、となり合う2本のロープを使って、
宙返りで移動したりする驚愕の動画です。



ビーチに設置したスラックラインで驚愕の大技の数々なども。



大会での技の数々もすごいレベルです。
少しでも感動が伝わりますように。

燃えPaPaです。

2019年2月20日水曜日

なぎなた動画

こんばんは、こうちゃんです。

先日、素敵な武道のなぎなたの紹介をしましたが、
そんななぎなたの、試合や紹介の動画を少々お見せします。



剣道・柔道のような、学校教育でも取り入れられているメジャーな武道に比べて、どうしても触れる機会は少ないですが、肉体・精神の鍛練によいでしょうし、動きや試合の流れを見てて興味わきましたら、近隣の体育館等で教室をやっている場合もありますので、ぜひ探してみてください。

なかなか身近で見る機会が少ないので、こうしたもので、どのような競技であるか見てみるとよいと思います。

こうちゃん

2019年1月14日月曜日

なぎなた

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は武道の中で、長物を使ったちょっと珍しい競技、なぎなたについてご紹介。

---

なぎなたは、全日本なぎなた連盟が多くの薙刀術流派を統合し競技化した武道。
現代日本における代表的な武道の一つである。
一般に女性の武道というイメージが強いが、男性にも競技者が存在する。

優劣を競うものとして試合競技と演技競技がある。

試合競技
防具を着装した競技者どうしの対戦により行われる。決められた制限時間の中で二本先取で勝敗を決する。防具稽古の成果を実践する場であることから、競技者間では「防具競技」やこれを略し単に「防具」と呼称されることが多い。個人試合と団体試合がある。

演技競技
合計八本ある演技の型を二人一組、しかけと応じで行う。一回の試合に行う演技は3本と決まっており、それは一年ごとに変わる。
高校生までは一~五本目の内の三本、それ以上は一~八本目までのうち三本を行う。

---参考:wikipedia

学校の部活などがまずないため、なかなか目にする機会もないですが、
ちゃんとした協会も存在し、最近では大きな体育館の道場などで教えていたりして、武道を好きな男女などに徐々に広まりつつあります。
柔道や剣道を教えてくれる場があるような体育館などで、
プログラムとして教室があるケースが多いので、近場などで調べてみると体験などができるかと思われます。

燃えPaPa