2019年1月14日月曜日

なぎなた動画

こんばんは、燃えPaPaです。

先日、なぎなたの紹介をしましたが、
そんななぎなたの、試合や紹介の動画を少々お見せします。




なかなか身近で見る機会が少ないので、こうしたもので、どのような競技であるか見てみるとよいと思います。

なぎなた

こんばんは、燃えPaPaです。

今回は武道の中で、長物を使ったちょっと珍しい競技、なぎなたについてご紹介。

---

なぎなたは、全日本なぎなた連盟が多くの薙刀術流派を統合し競技化した武道。
現代日本における代表的な武道の一つである。
一般に女性の武道というイメージが強いが、男性にも競技者が存在する。

優劣を競うものとして試合競技と演技競技がある。

試合競技
防具を着装した競技者どうしの対戦により行われる。決められた制限時間の中で二本先取で勝敗を決する。防具稽古の成果を実践する場であることから、競技者間では「防具競技」やこれを略し単に「防具」と呼称されることが多い。個人試合と団体試合がある。

演技競技
合計八本ある演技の型を二人一組、しかけと応じで行う。一回の試合に行う演技は3本と決まっており、それは一年ごとに変わる。
高校生までは一~五本目の内の三本、それ以上は一~八本目までのうち三本を行う。

---参考:wikipedia

学校の部活などがまずないため、なかなか目にする機会もないですが、
ちゃんとした協会も存在し、最近では大きな体育館の道場などで教えていたりして、武道を好きな男女などに徐々に広まりつつあります。
柔道や剣道を教えてくれる場があるような体育館などで、
プログラムとして教室があるケースが多いので、近場などで調べてみると体験などができるかと思われます。

燃えPaPa

2018年10月19日金曜日

西洋剣術動画

こんばんは、燃えPaPaです。

先日ご紹介の西洋剣術の練習の模様です。

フル装備に大きな剣、かっこいいですね。



燃えPaPa

2018年9月11日火曜日

西洋剣術

こんばんは、
燃えPaPaです。

こちらも、日本国内では超激レアスポーツ、
といいますか、習えるところは今のところ国内一か所!
という

西洋剣術

です。
西洋鎧を身につけ、スクールで習える、
5種類の武器(片手剣+盾、両手剣、ポールアーム、槍、ダガー)の使い方を学び、
実際に甲冑を着けての模擬戦や、大会など、
RPGなどで憧れた、西洋剣術を実践できる、
大人のスポーツです。

現状では、ここひとつ
キャッスルティンタジェル
でだけ学べます。

ちょっと大人な趣味として興味を持った方はぜひ。


燃えPaPa

2018年8月20日月曜日

スポーツチャンバラ動画

こんばんは、燃えPaPaです。

先日ご紹介しましたスポーツチャンバラに、世界大会もあり、
動画もアップされていました。



さらには小太刀という短い刀での部門も。

なかなか認知されていませんが、奥の深い世界なんですねえ。

燃えPaPa

2018年7月23日月曜日

スポーツチャンバラ

こんばんは、
燃えPaPaです。

今回は、
安全面を強化し、遊戯をスポーツ化した、

スポーツチャンバラ

です。




なかなか身近で聞かないちょっと珍しいスポーツですが、
以下のような概要で、きちんと協会も、公式ルールもあります。

---

スポーツチャンバラとは、1971年、田邊哲人によって始められた。日本において遊戯として存在したチャンバラごっこと小太刀護身道を基にし、エアーソフト剣という武器とアクリル製の面という防具によって安全性を確保した競技である。略称はスポチャン。

遊び道具として現代のようなテレビゲームが存在しなかった頃、友人達と遊ぶ遊びとしてチャンバラごっこがあった。男の子も女の子もみな、棒きれを探してきては剣に見立て、それでよくチャンバラごっこをしていた。しかし、時代は進み次第に「危険だ」「怪我をする」などと言われるようになるとともに、遊びも近代化して行きチャンバラごっこをする子供は少なくなった。
そのような背景の中、1971年に田邊哲人により、より安全に、しかも健康的に、という観点から、小太刀護身道を基にルールや用具の開発が進められた。現在においても、進化し続けている。

ルールはいたって簡単で、十分な威力で相手の身体のどこでも良いので剣で叩く(斬る)というのである。つまり、「どこを打ってもよいが、どこを打たれてもいけない」。

1人対1人で行う「対戦」から、1人対多人数、多人数対多人数といった多人数対戦の「乱戦」、より人数を増やして30人対30人や50人対50人の「合戦」といった対戦方式もある。また、より遊び心を付け加えた30人程度で行い、周りにいる全員が敵と想定し戦う「サバイバル」(=バトルロイヤル)がある。

用具は、面と剣、楯があり、剣は安全と公平さを期すため、全世界共通のエアー(空気)を使うエアーソフト剣。面は透明アクリル製フェイス、目や耳といった、衝撃に弱い部位を保護するように作られている。また、得物(武器)にも色々種類があり、短刀・小太刀・長剣・杖・棒・槍と、自分の好みのものを選ぶことが出来る。

国内競技団体は日本スポーツチャンバラ協会。国際競技団体は国際スポーツチャンバラ協会、日本レクリエーション協会と日本ワールドゲームズ協会に所属。

---wikipedia参照

といった安全性を強化した、武器での斬り合いスポーツです。
割と用具の自由度が高く、セコい話、剣道を本格的にやるのより、
用具代が安く済むのもあり、
さらに、今よりもっと普及すれば当然大量生産で用具もより安くなる、
と、手軽に始めやすいスポーツではないでしょうか。


燃えPaPa

2018年6月5日火曜日

トランポリンまとめ

こんばんは、
燃えPaPaです。

当ブログにも関連してきますが、
最近SEOの勉強や、トランポリン界の反映、両方を目的に、
東京都内でのトランポリンを楽しめるような施設情報を

東京都内のトランポリンを楽しめる施設まとめ

という名前で、キュレーションサービスとして人気のNAVERまとめにまとめてみました。

最近 「東京 トランポリン」 等で検索していただいて、
なんとびっくり、ついに2位にまで上昇しまして、
トランポリンに興味のある訪問者の方々が徐々に増えていて、ありがたい限りです。

よろしければ、
当ブログとともにご愛顧くださいませ。

また、今後は、
さらにメジャーなキーワード 「トランポリン」 でも上昇を狙っていきます!!
現在は残念ながら、だいたい30位前後をうろうろ
※と言っても作りたてサイトでこの順位は奇跡的ですが

どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


燃えPaPa