2019年11月4日月曜日

インドの国技カバディ

こんばんは、こうちゃんです。

最近人気のweb漫画などで題材にされたりしたため、知名度が上がりつつあるレアスポーツのひとつ、
カバディ
のご紹介です。


カバディとは、wikipedia先生によると、
南アジアで主に行われるチームスポーツである。インドの国技でありインドから発祥した。源流はマハーバーラタに遡るといわれ、古代に起源すると考えられている。最も大きな特徴として、競技中に、攻撃者は「カバディ、カバディ、カバディ……」と発声し続けなければならないというルールがある。

1チーム10 - 12名で、各チーム7名がコートに入り2チームで争う。男子は13m×10m、女子は11m×8mのコートを、長辺の側の中間地点で二分し、両サイドにチームごと分かれて入る。試合時間は、男子は前後半それぞれ20分ハーフで休憩をはさみ5分、女子は15分ハーフで休憩は5分である。守備と攻撃を順番に繰り返し、点数の多い方が勝利となる。

また、公式試合では基本的に体重制限がある。ただ、体重制限を設けない試合もある。


かつては、カバディカバディと連呼する、キャントの存在だけが有名で、
なぜかスポーツ中叫び続けている不思議なスポーツ、という印象だけが先行していましたが、徐々にスポーツ人口も増え、人気のweb漫画サイト裏サンデー上で、

灼熱カバディ

という漫画が長期連載され知名度が上がってきました。

カバディ部のある高校はまだ全国で5校、など、学生レベルでは普及とはほど遠いですが、世間で徐々に知られてきていて、アジア大会も開催され今後人気も高まっていくのでは、と思われます。
特殊なコートこそ使いますが、体育館の床で、長さを図ってテープを敷くだけでも練習場くらいは作れますし、
種目自体は、武器も防具もいらず、運動のできる格好なら誰でもできることから、
敷居は低いかと思われます。

惜しむらくは、まだ日本ではほとんど熟練者がおらず、
じゃあ体育館でやってみよう、などと言っても、審判や指導者が不足する、という点があります。
今後学校の部活などで広まるようになったら競技人口や環境も広がっていくのではないでしょうかね。


こうちゃん




2019年6月16日日曜日

スポーツ吹矢動画

こんばんは、こうちゃんです。

前回の日記にて、少々スポーツ吹矢の解説をしましたが、

せっかくですので今少し追加で情報をー。

そのスポーツ吹矢の動画を少々見つけましたので、

ご興味ある方にご覧になっていただこうかと。



こんな感じでやっているようですね。

なかなか身近で吹矢を吹く機会もないでしょうけど、こういったものをご覧になって、もし興味持たれましたら、公式の協会や、検索してみると、体験会を開催しているところの情報などもあるものですので、ぜひご覧になってみてください。

こうちゃん

2019年6月7日金曜日

スポーツ吹矢

こんばんは、こうちゃんです。

今回もまたかなりのレアスポーツ発掘でして、
近年スポーツ化し、今や協会もできている、レアスポーツ

スポーツ吹矢のご紹介です。

---
スポーツ吹矢は、5~10m離れた円形の的をめがけて息を使って矢を放ち、その得点を競うスポーツです。性別・年齢問わず誰でも手軽にでき、ゲーム感覚で楽しみながら健康になれるスポーツとして注目されています。
健康効果の秘訣は、腹式呼吸をベースにしたスポーツ吹矢式呼吸法です。
精神集中や血行促進、細胞の活性化に役立ち、内臓の諸器官にもよい影響を与えます。また精神力・集中力が身に付きます。

競技では1ラウンド(3分以内)に5本の矢を吹いて、規定によるラウンドを競技し、その合計点を競います。
的は中心の白い部分が7点、その外側の赤い部分が5点、その外側の白い部分が3点、さらに外側の黒い部分が1点です。
(平成20年7月1日付 改訂)

一般社団法人日本スポーツ吹矢協会では 競技大会の開催のほか、段位・級位の認定も行っています。

引用:日本スポーツ吹矢協会ホームページ
---

http://www.homemate-research-gym.com/useful/16159_sport_080/

まだまだ競技人口も少ないですが、徐々に各県で教える場所や、
実施している体育館も増えつつあるようです。

やる機会自体は進んで探さないとないとは思いますが、
やってみるとハマるかもしれませんので、
体験会なんかは参加してみると楽しいかと思います。

こうちゃん

2019年5月23日木曜日

楽しいスラックライン動画

こんばんは、燃えPaPaです。

以前にこのブログでもとりあげました、
細いテープのような綱の上でトリッキーな動きを楽しむスラックライン、
今では数々のトリックをこなす猛者たちが増え、
日々すご技に情熱を燃やしています。

そんなすご技動画をいくつかご紹介。


普通は1本のロープ上で技をこなしますが、となり合う2本のロープを使って、
宙返りで移動したりする驚愕の動画です。



ビーチに設置したスラックラインで驚愕の大技の数々なども。



大会での技の数々もすごいレベルです。
少しでも感動が伝わりますように。

燃えPaPaです。

2019年5月12日日曜日

スラックライン練習場

こんばんは、こうちゃんです。

以前もお知らせしました、スラックラインですが、都内近郊で楽しむための情報を知りたい方は、
よろしければ、

東京近郊スラックライン情報まとめ

で、都心でこの綱渡りスポーツの、スラックラインが体験できる、
専用ジムや器材のある場所をご紹介しています。

いかんせんネット等で話題で、最近はものすごい技の動画なども多々掲載され、
目をひくスポーツではありますが、
実際に自身で遊べる場所はまだまだ少ないものですので、こういったところから触れられる場所の情報をご覧になってみてはいかがでしょうか。

よろしければどうぞご覧になってみてください。

こうちゃん

2019年5月3日金曜日

セパタクロースーパープレイ動画

こんばんは、こうちゃんです。

先日ご紹介しました、足で行う超パワーの球技、セパタクローですが、
まだまだ日本ではあまり知られておりませんが、見ると圧倒されるような、
すごいプレーが数多く存在するスポーツです。

いきなり試合場や、大会で見てください、とは言いませんが、
こんなにすごい光景が繰り広げられるのだな、とぜひご覧ください。




こうちゃん

2019年4月23日火曜日

足で打つバレーボール?セパタクロー

こんばんは、こうちゃんです。

今回見つけてご紹介するのは、
なんと、9世紀の昔から東南アジアの各国各地で伝えられてきた伝統スポーツである、
足を使ったバレーボールのような種目である、セパタクローのご紹介です。
なかなか情報が少ないのですが、まずはwikipediaより、解説の参照、
セパタクロー(sepak takraw)は、東南アジア各地で9世紀ごろから行われている球技を元にした近代スポーツ。セパ(sepak)はマレー語で「蹴る」、タクロー(takraw)はタイ語で「籐製のボール」を意味する。籐球(とうきゅう)ともいう。1965年にアジアセパタクロー連盟が設立されて統一ルールを制定。
ボールを手ではなく足(キック)や頭(ヘディング)で扱う点ではサッカーや蹴鞠を連想させるが、テニスやバレーボールなどと同様、境界にネットを置いたコートを使用することから「足のバレーボール」とも呼ばれる。
ボールは、プラスティック製(以前は籐製、そのため「籐球」の名で呼ばれている)の籠状。サイズは、男子用は重さ170-180g、直径13.5cm。女子用は重さ150-160g、直径14.0cm。
基本的には、2人か3人で組んで、ネットを境に球を打ち合う、
バレーボール的種目です。
ルールも似ていますが、相違点としては、手でのタッチ禁止と、一人が3回までボールにタッチしてもよい点です。
そのルール内で互いにコートにボールを打ち合い、相手のコートにボールを沈めたら、ないし、コートからアウトしたらポイントで、主に1セット21点マッチで、セット数で勝敗を競います。
セパタクローはオリンピック競技にはなっておりませんが、
東南アジア地域では盛んなスポーツのひとつで、
アジア大会もありますし、日本でも協会が発足、あまりメジャーにはなっていませんが、
学校での部活等で、競技チームもあります。
さすが足を使うだけあって、
スピーディー、かつアクロバティックなプレイが多々存在します。



こうちゃん